音レポ 楽器・機材レビューの投稿サイト

ジャンル エフェクター / ベース用エフェクター

M287 Sub Octave Bass Fuzz (MXR)

 
音レポ・製品案内 (レビュー数) 111
参考メディア(サイト・Youtube・サウンドクラウドなど)

レビュー・紹介文

Bass Octave DeluxeのGrowlセクションと伝統的なファズ回路を結合。

Bass&Trebleでトーンコントロール可能なFuzzサウンド、オクターブ下のサウンドを作り出すサブオクターブ、そしてミッドレンジがコントロールできるドライサウンドと、3種のサウンドのミックスが可能となっていて本来のベースサウンドを生かしながら重低音とファズサウンドを加える事が可能になっています。

FuzzサウンドはトーンコントロールだけでなくWormとBrightのサウンド切り替えが可能で、サブオクターブもエフェクトオン時に別個にオン/オフ出来るようになっていて、必要に応じたエフェクトサウンドの使い分けが出来るようになっています。

セッティング・使用環境など補足

税別定価:¥34,000
2017年8月末頃発売予定

閲覧数 97
(C) 音レポ(おとれぽ) All Rights Reserved.  お問い合わせ